白髪染めの基本

白髪染めの基本コラム記事一覧

白髪を染めるとき、どんな色にしたら自分に合うのか、選び方に迷いますよね?見本の色をしっかり確認しても、実際に染めたときには「思ったよりも赤いような気が…」など、もともとの髪の色によって個人差が出ます。また、カラーバリエーションが豊富な白髪染めを使う場合、「真っ黒は避けたい、明るめの茶色がいい」などのイメージを頭の中で思い描いていても、実際は白髪と黒髪の染め上がりには違いが出るため、どんな色を選んだ...

女性のほとんどが、分け目などに白髪が目立ちはじめたら、すぐに染めることを考えるのではないでしょうか?白髪は美容室でも染めることができますが、料金が高いうえに行くのが面倒&市販の白髪染め(カラートリートメント)は手ごろなお値段で購入できるため、自分の判断でつい頻繁に染めすぎてしまう方が多いです。では、白髪染めの使用頻度はどのぐらいが適切なのでしょうか?通常、白髪は生え際のあたりからどんどん目立ってく...

めっきり白髪が増えて気になるので自分で染めたいと考えても、髪が傷むと心配される方が多いですが、実際のところはどうなのでしょう?シャンプーの際にトリートメントを使う時と同じ要領で使うカラートリートメントは、頭皮に最小のダメージで簡単にきれいな髪色をキープできると評判です。どうしても昔からある市販の白髪染めの影響で、染めると髪が傷むイメージがあります。しっかり染まっても髪がパサツキ頭皮がかぶれやすい印...

白髪染めのカラートリートメントタイプに明るい色が少ないのはなぜでしょう。これには理由があり、白髪染めは白くなってしまった髪にカラーを入れて隠す目的があるため、髪の色によりなじむように濃い色が多くなっています。最近は、トリートメントタイプ以外のものであれば、明るいブラウン色も店頭に並んでおりますが、トリートメントタイプの白髪染めは明るいブラウン色が少ないです。黒に近い色ばかりで、どのメーカーも明るく...

今まで白髪染めを何度もやっていたのに、突然白髪染めを使っていて異変を感じた場合は注意が必要です。一般的に売られている白髪染めの多くに「ジアミン」という成分が入っています。このジアミンは皮膚のただれ、赤く腫れ上がる、痒み、ヒリヒリする、そして呼吸困難などの症状を起こす場合があり、気管が腫れて呼吸ができなくなると命の危険が出てしまいます。顔がパンパンに腫れるなど重症化してしまう方もいるので、少しでも異...

若白髪という言葉がありますが、若白髪とは20代までに白髪が生えた場合に使う表現です。30代になっても白髪が生えない方もいるので個人差がありますが、女性の場合はどうしても白髪が生え際や分け目から生えてくると目立ってしまいます。さらに白髪は老けて見えるので、白髪は隠したいから染めて分からないようにしたいというのが女性の心理です。いつから白髪が出るのかというのは遺伝の関係もありますが、一般的には30代半...

白髪だらけの女性を最近見なくなったのではないでしょうか?現代の女性は何歳になっても若くいたいという方が多く、白髪頭でいるよりもいつまでもキレイでいたいと願う女性が増えてきた表れです。以前は白髪染めの種類でカラートリートメントという商品がなかったので、刺激臭のする頭皮がひんやりするタイプの薬剤が主流でした。このタイプの白髪染めは髪の表面のキューティクルを剥がし、髪の内部に色を浸透させる仕組みでした。...

白髪染めは30代になってくると利用している方が増えてきます。出産後やストレスなどの影響から出ることもあるため、必ずとは言えませんが増えてくるのは自然なことです。でも白髪染めで髪が傷みにくい方法があるのなら、頭皮のかゆみやかぶれを起こしたくはありませんので、傷まない方法で染めたいと白髪で悩まれる女性は感じています。髪と頭皮を傷めずに白髪を染める方法には、代表的なものでカラートリートメントがあります。...

後ろ髪はとても染めにくい!でも…後ろ髪って染めるの大変ですよね。鏡を見ながらやるのは疲れるし面倒だし、ちゃんと染まらないことも多いし…当然時間もかかってしまう美容室に行けば完璧に染められるけれど、今度はお金がかかってしまうそんな頻繁には行けないし…家族に頼もうにも、ニオイが苦手だし面倒だし、と引き受けてくれない…なんとか自分一人で苦労して染めても、ムラがあるとガッカリきますよね一人でも無理なく簡単...

白髪染めを一人でうまく染める方法があれば、家族の誰かに頼むわずらわしさがないのに、と考えたことはありませんか?白髪染めは一人で染めるのが難しく、ムラになリやすくて服に染液が垂れてついてしまったり、耳や地肌が染まってしまったりすることがあり、そう簡単な作業ではありません。市販されている白髪染めの商品はさまざまです。垂れにくい乳液タイプになっていてコームで塗ってつけるタイプやムースタイプや、クシの部分...

1本目についても気になってしまう白髪。目立ってくると、すぐにでも白髪染めをしたいという気持ちになるものです。しかし、白髪染めは使い方を誤ると薄毛や薄毛の原因になる頭皮のかぶれなどのトラブルが起きることもあります。白髪が染まれば良いのではなく、頭皮のケアも考えて白髪を染める心得が必要です。頭皮ケアもセットで白髪染めを考えてみませんか?白髪染めを自分で行うときは白髪染めの商品を慎重に選ぶ必要があります...

白髪染めの選び方はどんな条件を元にして選んだらいいのか迷うことがあるのではないでしょうか?最近は白髪染めにも多くの商品を見掛けるようになりました。方法は色々で種類がたくさんあって、店頭にある中から選ぶにはどれが良いのか迷ってしまうほどです。一般的な白髪染めは、刺激的なニオイがする1液と2液を合わせて使うもので、乳液状になったものそして最近では泡状のものまであり、好みのタイプの白髪染めを選んで購入し...

「白髪染め」と、「おしゃれ染め」は同じような意味に聞こえますが、実際のところはどうなのでしょうか?実はおしゃれ染めで白髪を染めることはできません。黒い髪を明るい色などに染めることはできますが、白い髪を染めることはできないため、白髪を染めたい場合は白髪染めをする必要があります。白髪染めとおしゃれ染めは一見どちらも髪を染めることに違いがありませんが、染める方法のメカニズムと染毛力に違いがあります。一般...

白髪染めをしている最中やした後に、かぶれてかゆい症状が出たことはありませんか?白髪染めでかぶれが出ると、いつも頭皮はチクチクやピリピリで気になってしまいます。白髪染めのかゆみは、かぶれのほかに湿疹や蕁麻疹などが出てしまう場合もあり注意が必要です。アレルギー反応の場合もありますので放っておくと危険になり、皮がめくれてしまったり、ひどい場合は呼吸困難に落ちいってしまったり、顔がお岩さんのように腫れてし...

まずは、かゆみが出る原因を突き止めましょう!「白髪染めすると必ず頭がかゆくなる!」と、白髪染めが肌に合わずに困っていませんか?白髪染めでかゆみが出るときは、次の場合が考えられます。白髪染めの質が悪い(刺激が強かったり化学薬品たっぷりだったり)アレルギー体質敏感肌、乾燥肌など肌が弱いストレスや栄養不足による影響生理中や生理前後、病気にかかっているなど体調が正常ではない季節の変わり目、もしくは、肌が乾...

ドラッグストアなどで売られている白髪染めには副作用がある成分に含まれ、ジアミンがアレルギー反応を起こす場合と、ヘアカラーの酸化剤(酸化染毛剤)といい、1剤、2剤と薬品を混ぜた際に出る中間物質にも有害性があることで知られています。混ぜることで黒や茶褐色に発色させるタイプは、このジアミンを含む成分の白髪染めになります。1剤に含まれていることの多い、パラフェニレンジアミンやパラアミノフェノールはアレルギ...

最近では数多くのメーカーから、さまざまな白髪染めが販売されています。手軽に自分で白髪を染めることができるのは、美容室で染めてもらうよりも節約につながり、自分の時間がある時に染めることができる手軽さが人気です。常に白髪が目立たないように白髪染めができる反面、白髪染めを長年続けることで気を付けないといけないこともあります。それは「経皮毒」といい、皮膚から有害性のある化学成分が体内に吸収されることです。...

ヘアカラーをすることで髪がたくさん抜けてしまうと感じている方が大勢いるようです。白髪が増えると実際の年齢よりも上に見えてしまいがちなので、若く見られたい女性なら、いつもヘアを整えて白髪染めをしてキレイにしたいものです。でも髪を染めることと脱毛は関連があると耳にすることがありますが、ヘアカラーで髪が抜けるとは本当なのでしょうか?白髪染め成分は頭皮に強い刺激のある成分が多く含まれます。心配されるのは化...

白髪染めをした場合、毛先が染まらないときや白髪全体がキラキラと光って目立つことがありませんか?ダークカラーや明るい色でも、染めた後に白髪が目立つと気になってしまうので、どうせ染めるなら白髪もほかの髪となじんで分からなくなるようにしたいですね。以前の白髪染めは黒塗りが主で「お歯黒式白髪染め」は明るい色ではなく、濃い黒にしかならなかったので、明るい色を出せるようになったのは最近の白髪染めタイプのヘアカ...

あなたは今まで何年間白髪に悩み続けていますか?白髪は年齢とともに急に増えてきたり徐々に増えてくるなどさまざまですが、年齢的に仕方ないことといって放置をする方が減りました。白髪染めの普及で自分でもスーパーマーケットなどで購入してできるようになったお陰で、明るい軽やかなヘアスタイルを楽しめるようになったからです。そして、自分の髪の毛は鏡で前の部分を中心に見る機会が多く、分け目を中心に生えていると思いが...

天然昆布のエキスが配合された白髪染めが注目を浴びています。潤いのある髪に良い成分がぎっしり詰まっていて、ミネラルや昆布特有のフコダインという保水成分、保湿を補うアルギン酸が含まれており、髪が傷まむどころか使うほどに髪の状態に対して満足感が増えるというのです。しかも自分で染めるのが簡単で、見た目も若々しくなれるとはどんなものなのでしょう。白髪染めを使った後のしっとり感とツヤは、従来の白髪染めでは味わ...

こめかみが染まらない!そんな時は…こめかみってなぜか染まりにくいですよね。後ろ髪と違って、確認しやすいところですし、手も問題なく届きます。にもかかわらず、白髪がなかなか染まらないのはどうしてでしょうか。それは、こめかみが生え変わりやすい生え際の部分で、長い毛と短い毛が混ざっているから。そのため、白髪染めが一様になじまずムラが出やすくなるのです。こめかみの白髪もうまく染めるコツこめかみから塗り始めま...

髪の根元は白髪染めをするときに意識してやらないと、染め残しが出てしまうのでコツが必要になってきます。白髪があるのとないのでは、見た目の年齢に大きな違いが出てしまいます。どんなにステキな洋服を着てキレイにお化粧をしても、白髪だらけならそれだけで年齢が上に見られてしまうのは当然です。ですから白髪を染めるときは、全体をキレイに均等に染めなくてはなりません。髪の根元が染まらないことのないように気を付けない...

美容院に行く手間もはぶけて、費用も抑えられる自分で行う白髪染めはとても手軽な方法です。白髪染めを上手にできれるようになればいつでも若く見えるように白髪をコントロールできるため、女性には嬉しいことです。白髪がカバーできるほか、カラートリートメントならツヤをキープした状態で髪のキューティクルをはがさずに色を定着させることができます。しかし、白髪染めで気になるのが色落ちです。カラートリートメントは色落ち...

ドラッグストアでもホームセンターでも普通に手にはいる白髪染めやヘアカラーには取り扱い仕様書が必ず入ってきます。その中に、生理中の使用を控えるようにと記載されていますが、生理中に白髪染めをするとトラブルが起きるのでしょうか?生理中はホルモンバランスが変化して肌が過敏に反応するため、白髪染めは控えたほうが無難です。皮膚トラブルなどのリスクが高まる可能性があり、かぶれやヒリヒリする症状がいつもよりの強く...

女性の白髪はデリケートな問題なので、みんな白髪はどうしてるのか気になりますね。白髪は私だけ?と感じてしまう悩みですが、実はみんな白髪には悩むものです。子どもの頃から出ている方もいれば、大人になってもあまり出ないなど意外と個人差があります。でも白髪はなるべく隠しておいて、見られないうちに白髪染めでキレイに染めて若々しさを保っておきたいのが女性の心理です。年齢と共に出現しやすい嫌な白髪は自分で染める場...

白髪染めが退色するのを防ぐには…白髪染めはいくらきちんと染めても、いずれ退色してしまうものです。とは言っても、「ちょっと色が抜けるのが早すぎるんじゃ…?」「もう少し色持ちしてくれないと困るんだけど…」と納得できないときがありますよね。なるべく退色しないようにする方法はあるのでしょうか。白髪染めが退色する主な原因は2つあります。洗髪で色が流れ落ちる紫外線や熱で色が剥がれるですので、この2つの原因を解...

白髪染めをしてきれいにヘアを整えるのなら、同時に縮毛矯正もやってしまい髪の毛をセットしたいと思われる方がいるのではないでしょうか?しかしキレイなヘアスタイルを維持したい気持ちは分かりますが、白髪染めも縮毛矯正もどちらも髪にダメージを受けそうな感じがしますが実際のところはどうなのでしょう?白髪染めと縮毛矯正を行う場合は、間をあけてやる必要があります。白髪染めと縮毛矯正は両方を一度にやると、髪が傷んで...

白髪染めはあまりにも多くの種類が販売されているため、CMの印象やパッケージのイメージを見て決められる方が多く、白髪染めを自分で行うのが珍しくなくなりました。髪の毛や頭皮に負担が少ないのであれば、白髪染めをしていつも白髪がない状態にして、ヘアースタイルをバッチリ決めておしゃれを楽しみたいですね。白髪染めはアレルギー反応が出てしまう場合があり、慎重に行わないといけないため細心の注意が必要です。初めて白...

最近、鏡を見るたびに白髪が目立ってきたと感じるのなら、白髪染めを行う時期です。どうしても顔の印象が変わってしまう白髪。「この人最近白髪が多くなった」という印象を与えてしまったら、どんなにメイクをしても若々しい印象をキープするには難しいものがあります。しかし白髪染めには、さまざまなタイプのものがあります。インターネットでも豊富な数の白髪染めを取り扱っていますし、店頭でも迷うほど商品が溢れかえっていま...

白髪染めが原因で薄毛になってしまったなんて大変です。白髪染めをした影響で、すぐに脱毛が進行するというのは考えにくい症状ですが、長年頭皮に刺激が強い白髪染めを使い続ける影響は、頭皮に負担をかけ続けるようなものです。できることなら低刺激の白髪染めを使いたいのが、髪をいたわる方の心理ですね。特に薄毛の進行が気になる方には、頭皮に刺激の強いタイプの一般的な白髪染めは、あまりおすすめできません。髪や頭皮にダ...

男性でも女性でも、いつまでも若くいたいと考えるのは自然な願いですが、髪もお顔も体型もとキレイを追求するのはやはり女性の方が圧倒的に強い願いかもしれません。でもメイクやファッションを美しくしても、髪が白髪では相応の年齢に見えないことが多く損をしてしまいます。黒や茶色で髪が健康的なら自然に若々しく見えますから、白髪染めは重要なケアの一つです。でも白髪染めが苦手な女性が多く、その原因は自分でやるのは面倒...

白髪染めは何歳から行うのがベストでしょう?白髪が出ると自分だけたくさん出ているのかな?と気になりますよね。自分にはまだ早いから白髪染めの必要はないと思っていても、カラーリングをして気がつくことがあります。白髪が染まらなくなりキラキラ光って目立っていて、現在使用しているヘアカラーでは対応出来なくなったと感じた瞬間が白髪染めに切り替える時期です。参考のために男性と女性の白髪染めに切り替える平均が男性で...

白髪染めのカラーの着色を求めるのなら専用のシャンプーがあります。髪のコーティング剤である「シリコン」が含まれていると染まり具合が悪くなる傾向があり、「ノンシリコン」シャンプーなら白髪染めをする方にぴったりです。シリコンは髪をサラサラに保つ性質がある反面、一本一本の髪の毛をコーティングするため、白髪染めの染料の入り具合を妨げてしまいます。そのため白髪染めをする方で、染まり具合にこだわりを持つ方に人気...

ジアミンアレルギーを簡単に考えておりませんか?30代以降になると、白髪染めをしている人が増えてきます。ヘアカラーでは白髪が上手く染まらないため、白髪染めに切り変えるのです。でも市販の白髪染めはたくさんあり、どれが良いのか最初は迷われるのではないでしょうか?白髪染めには種類が豊富でみんな成分が違うように見えるかもしれませんが、大きく分けてジアミンが含むタイプと含まないタイプの2種類があります。ジアミ...

白髪染めを選ぶとき、トリートメント効果や髪や頭皮にやさしい成分は重要なポイントです。刺激が強く頭皮に悪い成分をわざわざ選ぶよりも、体に優しくて嫌なニオイが少ない商品がベストではないでしょうか?成分を重視して白髪染めを求めているときに注意したい配合成分はたくさん存在します。化学成分で作られた薬剤などは肌に強い影響を与える場合があるため成分をチェックして白髪染めを購入しましょう。白髪染めではノンケミカ...

白髪染めを初めて行うとき、白髪染めってカラーリングと違うの?と疑問に思われるのではないでしょうか。白髪染めは白髪が染まるように作られているので、カラーリングとは染める仕組みが異なります。初めての白髪染めの場合は、まずは自分の髪質がどんなタイプなのか確認しましょう。細い、太いなどの髪質をチェックして、細くて柔らかい方の髪は白髪も染まりやすく自分の髪の色に近いカラーが出て、明るい色も反映しやすいという...

白髪染めを使用した後に副作用の症状を感じた場合は、白髪染めに含まれる薬剤のアレルギー反応と考えられます。白髪染め前には必ずパッチテストをする必要性があります。パッチテストをしないで白髪染めをして頭がかぶれてしまった、炎症やかゆみを起こしてしまったとなれば大変です。アレルギー反応には人によって違い、多くはかゆみやピリピリする痛みを頭皮に感じます。白髪染めをしている最中に燃えるようにかゆみと熱さを感じ...

今は白髪染めが普及した影響で、白髪だらけという女性がめっきり減りました。自分で白髪が染めることができるため仕事などで忙しい女性も、自宅で好きな時間帯に白髪が染めることができる時代です。最近ではたくさんの種類が販売されていますが、以前はヘアカラー剤独特の刺激的なニオイがある白髪染めが主流でした。このタイプのヘアカラーは2剤式で混ぜるタイプの白髪染めで、この薬剤には脱色剤が入っており、とても臭いのが難...

パラパラ目立ってきた白髪は、白髪染めをしないと染まることはありません。でも白髪染めは自分で行うにも面倒な作業です。最近は女性でも仕事をすることが珍しくなく、忙しい毎日を送り頑張っている人が増えているため、白髪染めのためだけに美容院に行く時間をとるのは大変と考えている方が多いのです。白髪染めは費用もかさみます。2ヶ月に1度染めに行ったとしても、白髪は年齢とともに増える傾向があるので、長いお付き合いに...

白髪染めを自分で行う時に難しい部分として、もみあげがあります。もみあげは白髪が目立ちやすい部分で特に女性は顔の正面の髪の部分にあたります。そのため、顔を見たときにパッと視界に入りやすい白髪の部分のため、できれば白髪は1本もなくしたいのが女性の心理でしょう。このもみあげ部分は白髪染めを自分でやる場合にとても難しい部分です。染めムラが出たり白髪染めを完璧に塗ったつもりでも、シャンプー後に髪を乾かしてみ...

白髪は黒髪と違って、厄介に扱われる毛髪です。白髪頭は年齢相当であれば格好良く、着飾ってファッションとして演出できますが、30代や40代の女性で白髪が増え始めてきた場合は違います。隠したい、もっと若く見られたいという気持ちが働き、白髪が目立つようになったら白髪染めに切り替えて分からないようにしたいと感じるのが多くの女性の気持ちです。白髪には生え変わるサイクルがあります。白髪も髪の毛なので、毛根から栄...

白髪と聞くとおじいさんやおばあさんの髪というイメージがありましたが、そんなこともありません。若者にも白髪はあり、小学生から白髪が多い子供がいるくらいです。一般的には白髪は30代あたりから増えて行くのですが、遺伝の関係やストレス、そして食生活の影響などの条件が重なることで白髪の多い若者はたくさんいます。若者の白髪の場合は、加齢による色素細胞が原因になっているケースよりも、ストレスが影響するケースが多...

妊娠して無事に出産を終えると、ママだって白髪が気になり白髪染めをしたいと感じるのではないでしょうか?授乳中の白髪染めはママの体調やおっぱいの成分などに影響があるのでしょうか?授乳中の時期のママの体内は女性ホルモンが働き、おっぱいが出ています。妊娠中は体内に赤ちゃんがいるため、栄養が吸われてしまう影響で白髪が増えてきたと感じる方が多いのですが、白髪が気になっても体内にいる赤ちゃんに白髪染めの薬品はお...

30代になったら自然に増えてくる白髪は、年齢が若く見られたいということから身だしなみとして白髪染めを行うようになりつつあります。女性の白髪は35歳が平均と言われていますが、1本でもあると気になるもので、毎日鏡を見るたびに白髪がないか分け目などをチェックすることが習慣になってしまいます。白髪染めは市販のものでも開発がどんどん進み、泡タイプやクリーム状のものなど一人で染め上げることができることが前提に...

白髪というと、50代や60代になってからと考えて、そのときが来たらと思っていたのに、「あれ?白髪だ」と慌ててしまう方もいるのではないでしょうか?40代あたりになると、多くの方に白髪が見られますし、しぶとく生えてくる白髪を白髪染めで染めている方も見受けられます。白髪は恥ずかしいものではありませんし、40代で白髪がまったくない人の方が珍しいのです。女性だけではなく、男性も40代頃から白髪の数が増え、白...

50代女性に必須!?「カラートリートメントタイプ」の白髪染め50代にもなると、女性はこれまで以上にヘアスタイルに敏感になってきますよね。50代は、白髪が多くなってきたことや、髪のコシ・ツヤがなくなってきたことで、髪の悩みが増える時期。髪の印象は、女性ならどうしても気になるものです。少しでも若く見られたいと考えるのは当然ですし、そのためには白髪染めは欠かせません。白髪と上手に付き合うことで、年齢に負...

年齢に負けない60代からの白髪染め60代女性に人気の白髪染めは、「カラートリートメントタイプ」のもの。このタイプの白髪染めは、主に天然成分で作られており、化学薬品は一切無添加なので、体に害がなくやさしく染められます。ただ白髪を隠せればいい、という染め方から、自身の体を気遣った白髪染めにシフトできるんですね。美容院での白髪染めや安い市販品の白髪染めは、一時的にきっちり染まりますが、薬剤の刺激が強く、...

白髪染めで白髪にカラーを入れるだけで、メイクをしなくても印象が若く見えます。白髪染めは髪が傷むイメージがあると思いますが、髪を傷めたくないなら、白髪染めをきちんと選んで行いましょう。そこが髪をいたわりながら染めるのか、そうではないのかの分かれ道になってきます。ムースタイプやクリームタイプは以前からよくあるタイプですが、最近では、シャンプーに染料が入っていたり、トリートメントで白髪を染められたりと、...

白髪がどんどん生えてほしいと考える方は、あまりいませんよね。やはり、白髪は年齢を感じさせますし、白髪がたくさんあるだけで、顔の印象が疲れたように見えたり、暗い表情に見えてしまったりする傾向があります。少しでも若く見られたいのであれば、白髪が目立つようになる前に、日頃から白髪染めをする必要があります。しかし、美容院にわざわざ行くのも疲れるし費用もかさみますから、自分で簡単にできるならと、自分で白髪染...

白髪は自分で簡単に染めることができる時代になりました。ドラッグストアに多くの白髪染めが並ぶようになったのは、白髪染めを販売するメーカーが増えたからだけではありません。白髪染めのタイプが増え、薬剤がメインのタイプと植物由来の成分が由来のものに分かれ、白髪染めが多様化してきたからなのです。その分購入する側は知識を深め、内容を理解した上で購入しなければいけなくなりました。色もトーン別に分かれ、明るさや深...

白髪染めの色の明るさ・暗さは、トーンという言葉で表現します。トーンとは、カラーリングをした時に出る髪の色の明るさで、明度ともいいます。市販の白髪染めには明るさが表記されているので、お好みの髪の色に合わせて、白髪染めのカラーを選んでみましょう。トーンの明るさは1〜10などに分けられ、数字が大きくなると明るい色で、軽やかな印象になります。9トーンや10トーンになると、かなり明るい茶色です。あまり数字の...

白髪染めは地毛に近い色にするべき!「白髪染めでも明るい色でおしゃれに染めたい!」暗い色で染めると“いかにも白髪染め”って感じがして嫌ですよね。この気持ちは確かに分かります。ですが、8トーンくらいの明るい色で白髪を染めるのは決しておすすめしません。なぜなら、理由1:ムラが出やすい白髪は黒髪よりも明るく染まりやすいです。明るい色になるほどその違いはより際立ちます。「髪の7割以上が白髪」という状態でない...

明るい色の髪に慣れ親しんできた方が30代、40代になって、いつもと同じようにカラーリングしていたら、白髪が染まっていないことに気がつくことがあります。白髪がカバーできなくなってきたら、白髪染めに切り替えるタイミングです。しかし、明るい色を楽しんできた方が、急に暗い色のヘアカラーに切り替えるのは不満に感じるものです。白髪染めでなるべく明るく染めたいと考えるのなら、限界はどのくらいのトーンになるのでし...

「アッシュ」は灰色という意味で、洗練されたイメージの、ハーフの髪色のように仕上がるカラーです。(写真や画像では、画面や光の関係で色味が大きく異なる場合があります)日本人の憧れのカラーでもあるアッシュは、落ち着いた印象を与え、ヘアサロンでも人気のカラーです。赤みを抑えたアッシュは、個性的な印象になってイメージがガラリと変わるため、ほかの人とは違うヘアスタイルにしたいと考える女性の中で流行しています。...

授乳中に白髪染めをしたいと思った時に、母乳に影響があるのではないかと心配になってしまうママもいるのではないでしょうか。確かに産後のお母さんは、育児に追われる忙しい日々で、ヘアスタイルが気になってくるでしょう。白髪染めには肌に負担のかかる成分が含まれていることが多く、自分の頭皮や髪にダメージを与えやすいことから、母乳にも影響があるように思ってしまうのも当然のことです。化学成分が入った白髪染めは、ドラ...

女性にとって髪は大切な存在です。その髪が白髪だらけになってしまったらショックですよね。白髪を染めなければいけないと、多くの女性が考えるのも当然のことです。しかし、白髪染めの成分を考えずに、刺激が強いタイプの白髪染めを長期間使っていると、女性の場合は頭皮だけでなく、子宮にまで影響が及ぶと考えられています。白髪染めに含まれる酸化染料は、かぶれや湿疹、アレルギー反応を引き起こす恐れがあります。そして、女...

強烈なにおいの白髪染めがあります。染めている時に部屋中に充満するにおいの原因である酸化剤は、頭皮に影響を及ぼし、毛根を弱らせてしまいます。過酸化水素が含まれている影響でツーンとくるにおいがするのは、白髪染めに含まれる脱色剤で、頭皮にはかなり刺激の強い成分です。どうして頭皮に影響があるのかというと、酸化によって活性酸素を発生させるためで、毛根が弱って抜け毛の原因になることもあります。白髪を染めていた...

妊娠している時、出産後は忙しいかもしれないと考えて、髪を切ったり白髪染めをしたりして準備をしておこうと考える妊婦さんも多いでしょう。それに、妊婦さんだって白髪が増えてくると、疲れたように見られるかもしれないと気になってしまって、白髪を染めたくなりますよね。しかし、妊娠中に白髪染めをしても、お腹の赤ちゃんへの影響がないのかを心配する妊婦さんも多いのです。白髪染めには、頭皮に刺激が強い成分が含まれてい...

白髪の量や髪が伸びる速さには、個人差があります。そのため、白髪の目立ち方も違ってきます。白髪染めをする間隔は、平均であれば2ヵ月に1回程度です。それでも白髪が気になる方は、月に1回か2回、部分的に染めることで、常に白髪が目立たない状態を保つことができます。白髪が多い方は特に、白髪が生えてくると目立ってしまいますので、あまりきれいだとはいえません。そうならないうちに白髪を染めることで、いつもきれいな...

一般的な白髪染めというと、あの独特のにおいを思い出しますよね?あのにおいが苦手で、毎回染めるのが面倒に感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?一般的な白髪染めをした後には、しっかり洗ったつもりでも、髪から白髪染めのにおいがするのはある意味、仕方がないことです。長期間染まるものほどニオイがきつい!?白髪の内部まで色を入れるためには、強い刺激のある薬剤を使わないと難しいので、一般的な白髪染め...

白髪染めに「ヘナ」というものがあります。ヘナとは天然植物の染料で、一般的な白髪染めとは違って、天然成分の力で染める、髪にやさしいタイプの白髪染めです。髪の傷みが気になる方や白髪染めの成分について心配がある方に大変人気のある、長期間使用しても頭皮や体に安全な白髪染めなのです。ヘナは、インド・北アフリカなど熱帯に生え、ミソハギ科に属していて約2cmの緑色の葉を持ちます。ヘナには、ローソンというタンパク...

眉毛には髪の毛用の白髪染めを使わないほうがよい髪の毛に混じる白髪ならともかく、眉毛に生えた白髪は不自然な感じで非常に目立ちます。気になって仕方がありませんよね。髪の毛を染めるときに一緒に眉毛も染めれば、それが一番手っ取り早いのですが、頭髪用の白髪染めを眉毛に使っても大丈夫なのでしょうか。答えは、「おすすめしません!」です。なぜなら、白髪染めが目に入ってしまう危険性があるからです。体にやさしいとされ...